当宮は 建久2年(1191年)源頼朝が 摂津の西宮の恵比寿様を御分霊してお祀りしたと伝えられております 


恵比寿様は海上安全の守神であるとともに 商売繁盛の福神として親しまれている神様で その御利益を慕い 毎年多くの商売繁盛のご祈願の方が訪れます


これは 江戸時代に 関西の商人が 千石船など海運を中心に商売を行っていたことから生まれた信仰です